• none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none

  • none

ピックアップ店舗

shop name有限会社 コマヤ薬局 (旭橋みずほ通商店街振興組合)

shop name株式会社 クボタ贈商

shop name北海エイゼン 株式会社

shop name株式会社 ニムリス

shop nameみいなほ株式会社

カテゴリ
ホーム >> 特集ページ一覧 >> 実践論語教室

楽しく、論語の素読をしながら、自然に人間力を磨いていく、そんな機会をご提供いたします

ディスカッションの中からいろいろな自分に気づきます

論語とは何か。
孔子とそので弟子との言行録でありますが、人間の本質とは2500年前からまったく変わっていないことがつくづく感じられます。
今日でも使われる言葉の多くも論語がベースになっているも多数あります。
「一を聞いて十を知る」「過ぎたるは及ばざるがごとし」などのたくさんの言葉がございます。
実生活と論語をどう生かすのかなどをを楽しくわかりやすく今の自分と置き換えてみて勉強する会です。

孔子様とは

孔子様とは

イチから知りたい論語の本のなかから抜粋しますが、大変苦難の多い人生だったようです。
幼少期三歳の時に父をなくし、二十四歳の時に母親をなくしています。
巫女であった母親からの教育以外特別な師などもたずに学問の道を志しています。しかし、三十代になり魯国の下級役人に取り立てられ学者としての地位も確立していきますが、魯国で権威を振るう家老を排除しようと君主昭公が作戦を企てますが作戦失敗、その後、一緒に斉の国へ逃亡、しばらく斉の国へいましたが、先に戻った昭公がなくなったあと魯の国へ戻り君主定公に用いられ出世しますが、権威を振るう家老を再度排除しようとして失敗ふたたび放浪の旅へとでます。その14年という長い月日で弟子が3000人を超え晩年は教育者として力を発揮しましたが、一番弟子や一人息子の死などの悲しみあります。
そんな、弟子たちとの会話を記録したものが論語です。

多数の参加お待ちしております。

多数の参加お待ちしております。

090-8639-9140 どなたでも一人でも二人でも参加できます。